換金性の高い商品選び

2016年12月29日 1:17 PM

クレジットカード現金化を行うには、一般的には業者を使うことが多いかと思います。
しかし、あくまで商品を購入してそれを売却するという方法なので、自分自身でもそれを行うことは十分に可能です。
ですがそのときに気を付けたいのは、購入する商品選びで手元に帰ってくる金額の還元率が変わってくるということです。

やり方はシンプル

クレジットカード現金化は、ショッピング枠で購入した商品を売却することで手元に現金を得る、というシンプルなものです。
なのでやるだけであればだれでもできるのですが、その商品選びが大きなポイントになってきます。
あまり購入したときの金額に比べて高く売ることができない商品であれば、売却をしても損の幅が増えてしまうことになります。
なので、できるだけ高い金額で還元をすることができるような商品を購入時に選ぶことが大切です。

どのような商品があるか

例えば換金性が高い物品としては何があるかといえば、ブランド品のバッグなどはこれに含まれます。
こういったものは購入した際の金額よりもあまり大きく価格が下落することがないので、換金性の高いものとして信頼ができます。
また商品券、金券なども換金性が高いので、現金化をする際には利用価値が高いものだといえるでしょう。
実際にクレジットカードでものを購入するときに、その換金性については事前に考えておくことも大きなポイントになります。

クレジットカードからのマーク

しかし、こういった換金性の高い商品についてはクレジットカード会社からの目も気にする必要があります。
実際に現金化という方法はグレーなものですので、カード会社に発覚すれば利用停止の目に合うこともあります。
そして、現金化の際に使われることが多いのがこういった商品なので、この商品の購入履歴が多いものについては会社にマークされることもあるのです。
あまり目立つ商品ばかりを購入してしまうとマークされる可能性も高まりますし、そもそもがグレーな方法ですから、多用をするのも考え物です。

≪ 前の記事:
: 次の記事 ≫
Copyright(C)2016 クレジットカード現金化の仕組みとは?自分自身ではできないのか!? All Rights Reserved.