自分でやる場合との比較

2017年1月10日 2:55 PM

クレジットカード現金化には、業者を使うという方法がありますが、自分自身でも現金化を行うことは実は可能です。
しかし、クレジットカード現金化はそもそもグレーな部分が多い方法なので、自分で行う場合でも十分に気を付けて行う必要があるでしょう。
では、まず業者を使う場合と自分自身で行う場合にはどのような違いがあるのでしょうか。

還元率での違い

業者で現金化を行う場合には、どのくらいの還元率になるかについては業者によって決まってきます。
それを自分で行うことで、手間はかかりながらも自分が納得できるだけの還元率を求めていくこともできます。
逆に業者で行う場合には還元率が安定したものになりますが、自分自身で行う場合にはある程度変動することになるでしょう。
もちろん自分でやるには手間がかかりますので、その手間を許容できるかどうかも考える必要があるでしょう。

Apple Payの登場で、iPhoneひとつであらゆるお店で支払いができるようになった。店の端末にiPhoneをかざすだけで支払いができる手軽さは、使ってみるとどれほど快適かわかるだろう。

引用元:Apple Payに登録するクレジットカードの選び方–“トクと便利”を両立する方法は? – CNET Japan

リスクについて

クレジットカード現金化はグレーな方法なので、やり方によってはカードを利用停止されてしまうこともあります。
それは業者を使っている場合でも、自分自身で行っている場合でも同じことがいえます。
自分で商品を購入して、それを売却する場合でも、クレジットカード会社にマークされる可能性があることには変わりありません。
特に還元率の高い商品についてはクレジットカード会社側もマークしていますので、それを購入したことによって利用が停止されることもあるかもしれません。

お金が手に入る速度について

業者での還元を行う場合には、すぐにお金を振り込んでもらうことができるので、すぐに手元にお金を入手できます。
自分で行う場合には手間がかかりますので、実際にお金が手に入るまでには少しタイムラグが必要になるでしょう。

メリットとデメリットを比較して

業者によって現金化をするのか、自分自身で現金化をするかについては、どちらの方法が自分にあっているかを考える必要があるでしょう。
もちろん、業者を選ぶときに悪質な業者に引っかかってしまうかもしれないという不安もあります。

Tags: | Categories :日記

Copyright(C)2016 クレジットカード現金化の仕組みとは?自分自身ではできないのか!? All Rights Reserved.