現金化がグレーな理由

2016年12月29日 1:17 PM

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れるクレジットカード現金化ですが、これは完全に認可された方法ではありません。
どういうことかというと、クレジットカード会社の利用規約的には許されてはいない行為であるということです。
クレジットカード現金化はそもそもグレーな方法といわれることが多いものですが、その理由を知っておきましょう。

転売目的の購入にあたる

クレジットカードで直接現金を手に入れようと思ったら、キャッシング枠を使って借り入れをするのが一般的です。
それに対して、ショッピング枠を使って商品を購入して、それを現金化するということは転売目的ということになります。
そして転売目的で商品を購入するということは、カード会社側で利用規約違反としていることが多いのです。
利用規約に違反している使い方をしているということで、カード会社に発覚した場合には利用停止という処分を受けることになるかもしれません。

現金化のリスクを考える

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化することについては、それだけのリスクがあることを覚えておかなければなりません。
それだけ急を要する自体でお金が必要な状況になる前に、何かできることはないかを考えておくことも必要でしょう。
どうしても今すぐにお金が必要という緊急の事態に使う方法としてはたしかに有効といえるかもしれませんが、その背景にはリスクもあるのです。

多重債務を助長する

またクレジットカードのショッピング枠ですぐに現金を得るということは、借り入れをしている状態とあまり変わりがありません。
その状況の一時しのぎに現金化をしたとしても、またすぐに別の状況でお金が必要になってくることは目に見えています。
借金が増えがちな人の特徴として、借金を返すために別のところから借金をするということがよくあるようですが、それと近い状態を作り出してしまうので、現金化は危険な側面もあるのです。

Copyright(C)2016 クレジットカード現金化の仕組みとは?自分自身ではできないのか!? All Rights Reserved.